メディア
ニュース
» 2022年03月02日 09時00分 公開

エッジAIカメラ向けQualcomm SoC搭載のSoMポジティブワン 68A1 SoM

ポジティブワンは、QualcommのAIoT Octa-core SoC「QCS8250」を搭載したシステムオンモジュール「68A1 SoM」の販売を開始した。スマートカメラ、インテリジェント小売システム、高性能UHDビデオ会議などに適する。

[EDN Japan]

 ポジティブワンは2022年2月、QualcommのAIoT(AI+IoT)Octa-core SoC(System on Chip)、「QCS8250」を搭載したシステムオンモジュール「68A1 SoM」の販売を開始した。エッジ側で複雑なAI(人工知能)処理を必要とするスマートカメラ、インテリジェント小売システム、コネクテッドヘルスケア、高性能UHDビデオ会議、コラボレーションデバイスに適している。

Qualcomm「QCS8250」搭載システムオンモジュール「68A1 SoM」 出所:ポジティブワン

 68A1 SoMは、QCS8250を搭載することで、QualcommのCPU「Kryo 585」やGPU「Adreno 650」、DSP「Adreno 690」、ISP「Spectra 480」およびAIエンジンを活用した高度なエッジAIコンピューティングを可能にする。

UHDコンテンツの同時表示が可能

 USB-CとMIPI-DSIを利用して、同時にUHDコンテンツを表示するほか、HEVC(H.265)コーデックで最大6つのカメラを同時にエンコード、デコードできる。また、WCD9385オーディオコーデックにより高音質のオーディオを提供する。RFコネクターを搭載し、Wi-Fi 6とBluetooth 5.1に対応。UART、I2C、SPI、GPIO用に複数のBLSPインタフェースを備える。

 大きさは35×53mm、動作温度は0〜+50℃で、FCCおよびCEの認定中だ。AndroidベースのBSP(ボードサポートパッケージ)も定期的にリリースする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.