メディア
レビュー
» 2022年03月29日 14時30分 公開

Appleの紛失防止タグ「AirTag」を分解バラしてみよう!気になるテック製品(1/3 ページ)

ちょうど1年前の2021年4月、業界内で長らくうわさされていたAppleの紛失防止タグ「AirTag」が正式に発表された。筆者は今回、このAirTagを分解、精査した。

[Brian Dipert,EDN]

 ちょうど1年前の2021年4月、業界内で長らくうわさされていたAppleの紛失防止タグ「AirTag」が正式に発表された。筆者は2021年11月に、この製品とコンセプトが似ている競合品(Tileの製品。そのうちTile Mateについて同年6月に分解記事を掲載した)と共に、年末のショッピングの候補として推薦していた。

AppleのAppleの紛失防止タグ「AirTag」 出所:Apple

 競合品のTile Mateを分解したのだから、当然、このAirTagも分解、精査していく。

まずは開封し、裏蓋を外すところから

 今回分解するのは、最近筆者がセールで購入した4個セットのうちの1つだ。

紛失防止タグ「AirTag」の外箱
AirTagのパッケージを開封した様子[クリックで拡大]

 下図は、今回の分解対象(直径31.9mm、高さ8mm、重さ11g)のアップ画像だ。サイズ比較用に直径19.1mmのペニー硬貨を添えている。

AirTagのアップ画像。サイズ比較用に1セント硬貨を添えた [クリックで拡大]

 半透明の保護フィルムを剥がし、電池接続のためのタブを引き抜くと、AirTagはセットアップの準備が完了したことを伝える音を出す。

半透明の保護フィルムを剥がし、電池接続のためのタブを引き抜くと、AirTagはセットアップの準備が完了したことを伝える音を出す

 親指で裏蓋を押しながら反時計回りに回転させると裏蓋が外れ、交換可能な標準CR2032バッテリーが顔を出す。

AirTagの裏蓋を外し、標準CR2032バッテリーも取り外した[クリックで拡大]
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.