メディア
ニュース
» 2022年06月22日 09時00分 公開

サーボモーターを高速高精度に制御するMPUルネサス RZ/T2M

ルネサス エレクトロニクスは、サーボモーター制御用MPU「RZ/T2M」の量産を開始した。モーターのリアルタイム制御と産業ネットワーク通信を1チップ化し、ACサーボや産業用ロボットの高速化、高精度化に貢献する。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2022年6月、サーボモーター制御用MPU(マイクロプロセッサユニット)「RZ/T2M」の量産を開始したと発表した。ACサーボ、インバーター、産業用ロボットの高速化、高精度化に貢献する。

サーボモーター制御用MPU「RZ/T2M」 出所:ルネサス エレクトロニクス

モーター制御用CPUとネットワーク用CPUを1チップに搭載

 RZ/T2Mは、最大動作周波数800MHzで機能安全対応を備えた「Arm Cortex-R52」を2つ搭載し、モーターのリアルタイム制御と産業ネットワーク通信を1チップで処理する。

 CPU直結の専用バスにはモーター制御向けの周辺機器を配置し、ECC機能を備えた576KバイトのメモリをCPUと密結合することで、低遅延のアクセスと高速応答処理を可能にした。また、EtherCAT、PROFINET RT、EtherNet/IP、PROFINET IRTといった産業ネットワーク通信プロトコルに加えて、次世代ネットワーク規格「TSN(Time-Sensitive Networking)」に対応し、複数の機器を同期できる。

 動作温度範囲は−40〜+125℃。機能安全処理を考慮した設計のため、安全監視用の外付けマイコンは1つで済み、BOMコストやスペースの削減に貢献する。初期評価向け評価用ボード「Renesas Starter Kit+ for RZ/T2M」も発売中だ。

 また、RZ/T2M単体の自己故障診断機能付き「認証済みセルフテストソフトウェア」、マイコン二重化構成を前提とした相互診断、ソフトウェア分離機能でSIL3認証を取得したソフトウェアを含む「SIL3システムソフトウェアキット」などを、2022年中に提供する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.