メディア
ニュース
» 2023年01月26日 09時00分 公開

Low-Ku帯GaN HEMT、三菱電機MGFK48G2732A、MGFK48G2732

三菱電機は、Low-Ku帯の周波数で動作可能な衛星通信地球局用GaN HEMT「MGFK48G2732A」「MGFK48G2732」を発売する。14GHz帯対応の同社従来品とは、パッケージ互換性を有する。

[EDN Japan]

 三菱電機は2022年12月、Low-Ku帯(13GHz帯)の周波数で動作可能なKu帯(12G〜18GHz)衛星通信地球局用GaN HEMT(窒化ガリウム 高電子移動度トランジスタ)2種を2023年1月に発売すると発表した。

Low-Ku帯GaN HEMTの(左)「MGFK48G2732」、(右)「MGFK48G2732A」 Low-Ku帯GaN HEMTの(左)「MGFK48G2732」、(右)「MGFK48G2732A」出所:三菱電機

 動作周波数は12.75G〜13.25GHz、出力電力は70Wで、マルチキャリア通信対応が「MGFK48G2732A」、シングルキャリア通信対応が「MGFK48G2732」となる。サンプル価格はMGFK48G2732Aが15万円、MGFK48G2732が10万円だ(各税込)

同社従来品とパッケージ互換性あり

 14GHz帯対応の同社従来品とは、パッケージ互換性を有する。整合回路基板のレイアウトや整合回路に使用するワイヤーの形状を最適化した。

 MGFK48G2732Aは、マルチキャリア通信に対応した低歪特性を有する整合回路を採用し、離調周波数が400MHzとなった。また、広い離調周波数において2波信号入力時の歪特性を低く抑えており、マルチキャリア通信における衛星通信の情報伝送量の大容量化に寄与する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.