メディア
ニュース
» 2022年03月10日 17時07分 公開

家電用インバーター向けパワー半導体モジュール三菱電機 SLIMDIP-X

三菱電機は、家電用インバーター向けのパワー半導体モジュール「SLIMDIP-X」の販売を開始した。同社従来品と比較して熱抵抗を約35%低減し、低ノイズ化技術を採用している。

[EDN Japan]

 三菱電機は2022年2月、家電用インバーター向けのパワー半導体モジュール「SLIMDIP-X」の販売を開始した。家庭用エアコンや洗濯機、冷蔵庫などでの使用に適する。サンプル価格は1000円(税込)。

パワー半導体モジュール「SLIMDIP-X」 出所:三菱電機

 絶縁シートの放熱性を改善し、同社従来品「SLIMDIP-L」と比較して、チップ接合部とケース間の熱抵抗を約35%低減した。定格電流は20Aに拡大している。内蔵したRC-IGBTチップの温度上昇を抑えられるため、インバーターシステムの放熱設計を簡素化できる。

低ノイズ化技術を採用

 RC-IGBTチップには、低ノイズ化技術を採用。ノイズ対策部品を削減できるため、インバーターシステムの小型化および低コスト化に寄与する。他に、HVICチップやLVICチップ、制限抵抗付きBSDチップも内蔵している。

 機能面では、SC(短絡)保護機能やUV(制御電源電圧低下)保護機能、OT(過熱)保護機能(N側のみ)、VOT(アナログ温度出力)機能を搭載した。

 サイズは18.8×32.8×3.6mmで、ピン配置を含めて従来の「SLIMDIP」シリーズとの互換性を有する。定格電圧600Vで、インバーターN側分割エミッター(3シャント)方式を採用。RoHS指令に準拠している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.