メディア
ニュース
» 2023年11月28日 09時00分 公開

最小0.8mVのセル測定精度、リチウムイオンバッテリーコントローラーICNXP MC33774

NXPセミコンダクターズは、EVやエネルギー貯蔵システム向けのリチウムイオンバッテリーコントローラーIC「MC33774」を発表した。電圧チャンネルは4〜18で、最小0.8mVのセル測定精度を備える。

[EDN Japan]

 NXPセミコンダクターズは2023年11月、EV(電気自動車)やエネルギー貯蔵システム向けのリチウムイオンバッテリーコントローラーIC「MC33774」を発表した。電圧チャンネルは4〜18で、最小0.8mVのセル測定精度を備える。

リチウムイオンバッテリーコントローラーIC「MC33774」 リチウムイオンバッテリーコントローラーIC「MC33774」 出所:NXPセミコンダクターズ

ISO 26262 ASIL Dをサポート

 電源電圧は9〜81V、セル入力電圧は−5〜+5Vで、動作温度範囲は−40〜+125℃。セルの電圧および温度の測定において、ISO 26262 ASIL Dをサポートした。外部温度と補助電圧の測定、最大200mAの平均セルバランシング、タイマーや電圧、温度、PWM制御バランシングに対応する。

 高周波電圧測定信号の平均化機能を備え、デジタルフィルターとして機能する。これにより、外部でのフィルタリングを削減できる。また、I2Cインタフェースを搭載し、EEPROMなどの外部デバイスを制御できる。ETPL(Electrical Transport Protocol Link)バスを介して、最大62のデバイスをデイジーチェーン接続することも可能だ。

 パッケージは、64ピンのLQFP-EPを採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.