メディア
ニュース
» 2023年12月26日 09時00分 公開

32ビットRISC CPU搭載の静電容量式センサーICアルプスアルパイン HSLCMB

アルプスアルパインは、静電容量式センサーIC「HSLCMB」シリーズの販売を開始した。同社従来品と比較してSN比が大きく、ノイズ耐性や感度に優れる。車載タッチパネル、タッチレス操作などの用途に適する。

[EDN Japan]

 アルプスアルパインは2023年12月、静電容量式センサーIC「HSLCMB」シリーズの販売を開始した。車載タッチパネルやタッチレス操作、液面レベルセンサーといった用途に適する。

静電容量式センサーIC「HSLCMB」シリーズ 静電容量式センサーIC「HSLCMB」シリーズ 出所:アルプスアルパイン

 HSLCMBシリーズは、同社従来品と比較してSN比が大きく、遠く離れた物体の検出が可能。同じ距離の検出に用いる場合、センサー電極を小型化できる。

 また、SN比が大きいことからノイズ耐性が高い。ロードノイズやエンジンノイズ、ラジオ電波などの信号が飛び交う車内でも、車載規格に適合できる。さらに、センサー電極の寄生容量を抑えるガード電極をコントロールして、対象物の容量のみを検出する。

「HSLCMB」シリーズの感度特性、耐ノイズ特性 「HSLCMB」シリーズの感度特性、耐ノイズ特性 出所:アルプスアルパイン

32ビットRISC CPU搭載

 動作電圧範囲は4.75〜5.5V、動作電流は14.5mA(Typ.)、センサー電極数は16ポート。32ビットのRISC CPUを備える。インタフェースはSPI、EUARTに対応している。

 パッケージは、6×6×0.9mmの48ピンQFNを採用。動作温度は−40〜+105℃で、AEC-Q100 grade2に準拠する。また、ASIL-B対応の機能安全も備えている。

 同社はこれまで自社製品の内製用にICを設計、開発してきた。HSLCMBシリーズは、同社初の外販向けとなる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.