メディア
ニュース
» 2023年12月28日 09時00分 公開

赤/緑/赤外のマルチLEDパッケージ、放射強度が約40%向上ams OSRAM SFH 7018

ams OSRAMは、マルチLEDパッケージ「SFH 7018」を発表した。赤色、緑色、赤外線の3 in 1タイプで、同社の前世代品と比較して、総放射強度が40%以上向上した。

[EDN Japan]

 ams OSRAMは2023年12月、マルチLEDパッケージ「SFH 7018」を発表した。赤色、緑色、赤外線の3 in 1タイプで、同社の前世代品と比較して、総放射強度が40%以上向上した。スマートウォッチやスマートリストバンドなど、ウェアラブル機器での用途に適する。

マルチLEDパッケージ「SFH 7018」の用途イメージ マルチLEDパッケージ「SFH 7018」の用途イメージ 出所:ams OSRAM

 高反射リフレクタ構造のQFNパッケージを採用していて、光出力が向上した。また、緑色のLED光を赤色と赤外線(IR)LED光から分離する2キャビティ構造により、フォトダイオードに対して光源を最適に配置できる。緑色光は心拍測定用として、赤色と赤外線光は血中酸素濃度やSpO2(酸素飽和濃度)測定用として使用可能だ。

緑色LEDは放射強度が2倍以上向上

 大電流での低い順電圧に最適化した「SFH 7018A」と、最大の放射強度に最適化した「SFH 7018B」の2種を用意する。放射強度は、緑色LEDについてはSFH 7018Aが同社従来品比約80%、SFH 7018Bが同2倍以上明るくなっている。

マルチLEDパッケージ「SFH 7018A」 左=マルチLEDパッケージ「SFH 7018A」/右=マルチLEDパッケージ「SFH 7018B」 出所:ams OSRAM

 動作温度範囲は−40〜+85℃。サイズは2.4×2.4×0.6mmで、小型ながら個別の点灯が可能だ。順方向電圧を最適化し、システム全体の消費電力を低減できる。既に量産中で、サンプル品の受注も開始している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.