メディア
ニュース
» 2022年04月13日 09時00分 公開

88種の基板対基板フローティングコネクター日本航空電子工業 AX01、MA01

日本航空電子工業は、内装用フローティングタイプの基板対基板コネクター「AX01」「MA01」シリーズのラインアップを拡充した。極数8種と嵌合高さ11種の合計88種を取りそろえている。

[EDN Japan]

 日本航空電子工業は2022年3月、内装用フローティングタイプの基板対基板コネクター「AX01」「MA01」シリーズのラインアップを拡充したと発表した。

基板対基板フローティングコネクター「AX01」「MA01」シリーズ 出所:日本航空電子工業

 両シリーズは、これまで一部のバリエーションのみ提供していたが、今回、極数と嵌合(かんごう)高さのバリエーションを全てそろえた。極数が30〜140極の8種、嵌合高さが8〜30mmの11種、合計88種のパターンのうち未提供だったものをラインアップに加えている。

8Gビット/秒の高速伝送と2点接点構造を両立

 両シリーズともに、8Gビット/秒の高速伝送に対応しており、接触信頼性に優れる2点接点構造を備える。また、XY方向±0.5mmのフローティング構造を採用。組み立てや実装時の位置ずれを吸収するため、ロボットによる組み立てに適する。位置ずれへの対応により、同一基板上で複数個の基板対基板コネクターを基板間接続することも可能となった。

 両シリーズは半導体製造装置やFA機器、通信機器、事務機、計測機器などに適している。さらに使用温度範囲−40〜+125℃のMA01は、ADAS(先進運転支援システム)のECUやヘッドユニットといった車載用途にも適するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.