メディア
ニュース
» 2022年04月26日 09時00分 公開

曲面設置可能な5G-Sub6帯対応アンテナ大日本印刷 フィルム型アンテナ

大日本印刷は、5GのSub6周波数帯に対応した、フィルム型アンテナを開発した。直径15cmの円柱にも巻き付けられるしなやかさと屋外設置可能な耐候性を有しつつ、5G-Sub6帯で100MHz以上の帯域幅に対応する。

[EDN Japan]

 大日本印刷は2022年4月、5G(第5世代移動通信)のSub6周波数帯に対応した、フィルム型アンテナを開発したと発表した。2023年度の量産化を予定している。

5G-Sub6帯対応フィルム型アンテナ 出所:大日本印刷

 同アンテナは、形状や給電線の設計を最適化しており、直径15cmの円柱にも巻き付けられるしなやかさを有しつつ、5G-Sub6帯で100MHz以上の帯域幅に対応する。同社は2022年3月に、電気通信事業者のオプテージとローカル5G設備での実証実験を共同で実施し、5G-Sub6帯で通信できることを確認している。

屋外設置可能、意匠デザインにも対応

 また、同アンテナは、フィルムにコーティングした機能性樹脂などをEB(電子線)を照射して硬化させる独自のEBコーティング技術を用いている。これにより、耐候性が向上し、屋外でも設置可能だ。設置場所の景観を損なわないように、木目調などの意匠デザインにも対応する。

 従来のアンテナは、電柱や街灯といった円柱物に巻き付けて設置することが難しく、デザイン的にも景観と調和しないといった点が課題となっていた。

 同社は今後、通信関連各社と共同で機能検証を進め、2025年には売上高10億円を目指すとしている。

フィルム型アンテナを取り付けた壁紙と拡大図 出所:大日本印刷

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.