メディア
ニュース
» 2022年05月24日 09時00分 公開

24ビット超高精度逐次比較型A-Dコンバーターアナログ・デバイセズ AD4630-24

アナログ・デバイセズは、24ビット超高精度逐次比較型A-Dコンバーター「AD4630-24」を発売した。自動試験装置や医療用計測機器、半導体製造向けの高精度製品の設計、評価、市場投入のプロセスを簡略化する。

[EDN Japan]

 アナログ・デバイセズは2022年5月、16〜24ビットの超高精度逐次比較型(SAR)A-Dコンバーター(ADC)を発表した。第1弾として、24ビットSAR ADC「AD4630-24」を提供する。パッケージは7×7×1.72mmの64ボールCSP-BGAで、1000個以上購入時の単価は30.95米ドル。評価キット「EVAL-AD4630-24FMCZ」も199米ドルで提供する。

24ビットSAR ADC「AD4630-24」 出所:アナログ・デバイセズ

サンプルレートは2Mサンプル/秒、2チャンネル同時サンプリングが可能

 AD4630-24は、1チャンネルあたり2Mサンプル/秒で、2チャンネル同時サンプリングが可能。0.9ppmの変換精度を保証し、他の製品と比べて4倍精度が高い。リファレンスバッファーやデカップリング部品を1チップに搭載し、他製品比で2倍のソリューション密度を提供する。

 コモンモード入力範囲も広く、シングルエンドおよび差動の入力シグナルチェーンに対応する。定格SN比は標準値で105.7dBだ。

 特許技術の「Easy Drive」技術を備え、デバイスの性能を維持しながら、システムの複雑さを低減する。内蔵するFlexiモードのSPIインタフェースにより、タイミング要件にも柔軟に対応し、ホストプロセッサとADCの接続を容易にする。

 自動試験装置や医療用計測機器、半導体製造といったアプリケーションにおいて、精度の高い製品の設計、評価、市場投入のプロセスを容易にする。現在、デュアルチャンネルの他にシングルチャンネルの「AD4630-24」を提供中で、2022年末までにさらに4製品を発売する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.