メディア
ニュース
» 2022年05月26日 14時45分 公開

プレミアムAIoTデバイス向けSoCMediaTek Genio 1200

MediaTekは、AIoTデバイス向けSoC「Genio 1200」を発表した。オクタコアCPU、5コアGPU、2コアAIプロセッサを搭載し、スマート家電、工業用IoTアプリケーション、AI搭載デバイスなど、プレミアムAIoTに適する。

[EDN Japan]

 MediaTekは2022年5月、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせたAIoTデバイス向けのSoC(System on Chip)「Genio 1200」を発表した。スマート家電、工業用IoTアプリケーション、AI搭載デバイスなど、プレミアムAIoT用途に適する。同年7〜12月に発売予定。

AIoTデバイス向けチップ「Genio 1200」 出所:MediaTek

マルチコアプロセッサ採用、4Kディスプレイにも対応

 Genio 1200は、6nmプロセスを採用し、電力効率に優れる。「Arm Cortex-A78」プロセッサを含むオクタコアCPUをはじめ、5コアGPU、デュアルコアAIプロセッサを搭載する。

 最新のマルチメディア規格と4Kディスプレイに対応し、ディスプレイ入力やカメラ入力を受信して、コンピュータビジョンアプリケーション向けの処理ができる。また、PCI-Express、USB 3.1、GbE MACなど高速インタフェースのほか、MediaTek Wi-Fi 6EモジュールやSub6の5Gモジュールにも対応する。

 MediaTek Genioは、チップセット、ソフトウェア開発キット(SDK)、開発者用ポータルを備えたオールインワンプラットフォーム。Yocto Linux対応の「Genioオープンプラットフォーム AIoT SDK」により、効率的な製品開発を支援する。ユーザーは、「Genio開発者用ポータル」を利用して開発者ツールやパートナーエコシステムにアクセスできるため、製品設計の合理化と市場投入期間の短縮も期待できる。

 GenioシリーズはGenio 1200のほか、小売業および商業用IoTアプリケーション向け「Genio 500」、携帯用および家庭用のハブ向け「Genio 350」、クラウド対応型音声アシスタントデバイス向け「Genio 130」をラインアップしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.