メディア
ニュース
» 2022年11月28日 09時30分 公開

産業用IoT/PC向け5G対応モデムチップセットMediaTek T800

MediaTekは、5G(第5世代移動通信)に用いるサブ6GHzおよびミリ波帯に対応したモデムチップセット「T800」を発表した。4nmプロセスを用いたもので、最大7.9Gビット/秒のダウンロード速度および最大4.2ビット/秒のアップロード速度を備える。

[EDN Japan]

 MediaTekは2022年11月、5G(第5世代移動通信)に使用するサブ6GHzおよびミリ波帯に対応したモデムチップセット「T800」を発表した。4nmプロセスを用いたもので、最大7.9Gビット/秒のダウンロード速度と最大4.2ビット/秒のアップロード速度を備える。

 T800は、3GPP Release-16に対応した5Gセルラーモデムやトランシーバー「FR1」、MLNA、ET(エンベロープトラッキング)チップ、GNSSレシーバーなどを統合している。また、バッテリー寿命の延長を可能とすべく、同社の電力効率化テクノロジー「5G UltraSave」を採用した。

SA、NSA双方に対応

 SA(スタンドアロン)およびNSA(ノンスタンドアロン)双方のサブ6GHzおよびミリ波帯に対応。最大4CC-CAの接続やFDD、TDDの混合複信方式をサポートする。また、要望に応じてデュアル5G SIM(DSDS)にも対応可能だ。

 PCIeおよびUSBインタフェースの他、入出力オプションも備えた。産業用IoT(モノのインターネット)やM2M、常時接続PCといったスマートフォン以外での5G用途を見込む。

5G向けモデムチップセット「T800」 出所:MediaTek

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.