メディア
ニュース
» 2022年06月14日 09時00分 公開

最大1360V、1000Aのテストが可能なパワーデバイスアナライザーキーサイト・テクノロジー PD1550A

キーサイト・テクノロジーは、パワーデバイスアナライザー「PD1550A」を発表した。最大1360Vおよび1000Aのパワーモジュールをテストできる。

[EDN Japan]

 キーサイト・テクノロジーは2022年5月、最大1360Vおよび1000Aのパワーモジュールをテストできるパワーデバイスアナライザー「PD1550A」を発表した。幅広いアプリケーションへの採用が進むワイドバンドギャップ(WBG)半導体ベースのパワーモジュールのテストにおける課題を解決し、パワーモジュール全体をテストする完全な統合ソリューションだとしている。

パワーデバイスアナライザー「PD1550A」 出所:キーサイト・テクノロジー

 本製品は、ディスクリートWBGパワー半導体の特性評価を行うソリューションとして同社が2019年に発売した「PD1500A」から機能を拡張。最大1360V、1000Aのパワーモジュール全体をテストできる。同社は、「パワーモジュールのテストを従来よりも迅速かつ容易に行えるように機能を拡張した次世代のダブルパルステスター」としている。

 True Pulse絶縁プローブ技術を用い、正確なゲート電圧特性をハイサイドデバイスに提供可能。高帯域RF補正も備えており、高い精度で大電流を測定できる。内蔵したインタフェースボードには、ソルダーレスコンタクトと交換可能なゲート抵抗技術を採用した。

 顧客側での社内システムの構築や管理が不要となり、設計時間や試作の回数も削減できる。ピンやパッドのレイアウトなど、顧客の需要に合わせたカスタマイズにも対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.