メディア
ニュース
» 2023年12月07日 09時00分 公開

幼児の置き去り検知など、車載向けシングルチップUWBファミリーNXP Trimension NCJ29D6

NXPセミコンダクターズは、車載向けシングルチップUWBファミリー「Trimension NCJ29D6」を発表した。セキュアなカーアクセスや侵入警告、幼児の置き去り検出などに対応する。

[EDN Japan]

 NXPセミコンダクターズは2023年11月、車載向けのシングルチップUWB(超広帯域無線)ファミリー「Trimension NCJ29D6」を発表した。既に大手自動車メーカーに採用され、2025年モデルの自動車に実装予定だ。

車載向けシングルチップUWBファミリー「Trimension NCJ29D6」 車載向けシングルチップUWBファミリー「Trimension NCJ29D6」 出所:NXPセミコンダクターズ

 同ファミリーは、短距離レーダーやリアルタイム位置特定機能を搭載。セキュアなカーアクセスや侵入警告、幼児の置き去り検出、ジェスチャー認識など、複数の用途に単一のシステムで対応できる。

 子どもの存在検出は、米国のHot Car Actや欧州のNCAPロードマップに準拠した機能を提供する。自動車メーカーやTier 1サプライヤーは、ソフトウェアアップデートにより機能を追加できる。

前世代品からシステムパフォーマンス、セキュリティが向上

 同ファミリーのうち、高集積の「NCJ29D6B」は、前世代品に比べてシステムパフォーマンスやセキュリティが向上した。UWB対応スマートフォンのデジタルキーから、ユーザーはハンズフリーで車にアクセス可能になる。同時動作の2つのレシーバーチェーンと高いRF感度により、アンテナダイバーシティーやAoA(到達角度)をサポート。他のUWB対応機器の距離や移動方向の変化を検出する。

 「NCJ29D6A」は、位置特定機能と短距離レーダーを統合したMCUを搭載する。ピン互換性を備え、近距離UWBレーダーにより、NCJ29D6Bの位置特定機能を拡張できる。UWBベースのカーアクセスシステムで多目的プラットフォームを構築可能になり、1つのハードウェアで子どもの存在検出や車内センシングなどを統合できる。

 両製品は、ISO 21434に規定されたサイバーセキュリティ要件を上回る性能を有する。また、CCC MACとFiRa MACは標準互換のUWB測距プロトコルに対応していて、顧客のソフトウェアに直接ドッキングできるため、AUTOSARアーキテクチャの実装や簡素化が可能となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.