メディア
ニュース
» 2023年12月15日 09時00分 公開

ブラシレスDCモーター向け、3相スマートゲートドライバーICルネサス RAA306012、RAJ306101、RAJ306102

ルネサス エレクトロニクスは、ブラシレスDCモーター向けの3相スマートゲートドライバーIC「RAA306012」とマイコン、ゲートドライバーICを1パッケージに搭載した2種類のモーター制御IC「RAJ306101」「RAJ306102」の販売を開始した。

[EDN Japan]

 ルネサス エレクトロニクスは2023年12月、ブラシレスDC(BLDC)モーター向けとして、3相スマートゲートドライバーIC「RAA306012」とマイコン、ゲートドライバーICを1パッケージに搭載した2種類のモーター制御IC「RAJ306101」「RAJ306102」の販売および量産を開始したと発表した。

3相スマートゲートドライバーIC「RAA306012」、モーター制御IC「RAJ306101」「RAJ306102」 3相スマートゲートドライバーIC「RAA306012」、モーター制御IC「RAJ306101」「RAJ306102」 出所:ルネサス エレクトロニクス

 RAA306012は、動作電源電圧が6〜65V。ゲート駆動ピーク電流が0.64A(ソース)、1.28A(シンク)となっていて、16段階で調整できる。また、アダプティブデッドタイムやアジャスタブルデッドタイムにも対応した。

 スリープモードに対応したVCC LDOや、マイクロコントローラー電源用の100mA LDOを内蔵する。また、ゲート駆動電圧を生成する電圧調整可能な500mA降圧スイッチングレギュレーターも備えた。

 4段階のゲイン設定が可能な差動アンプ3つに加えて、BEMF検出アンプ、3つのコンパレーターも搭載している。他に、各電源の電圧降下や過電流、サーマルシャットダウン、MOSFETのVGS異常といった保護機能を備えた。

モーター停止状態でも最大トルク出力が可能

 同社独自のモーター制御技術を組み合わせることで、センサーレスBLDCモーターが停止している状態でも最大トルク出力が可能となる。ロボットアームやAGV(自動搬送車)などでの用途にも適する。

 同時に発表したモーター制御ICは、2種ともにマイクロコントローラーを内蔵する。RAJ306101が同社の32ビットマイクロコントローラー「RX13T」を、RAJ306102が16ビットマイクロコントローラー「RL78/G1F」を採用している。アシストロボットや電動アシストバイク、多機能プリンタ内の各種モーターといった用途に適する。

 パッケージは、RAA306012が7×7mmの48ピンQFN、RAJ306101が8×8mmの56ピンQFN、RAJ306102が8×8mmの64ピンQFNをそれぞれ採用した。各ICに向けた評価キットも提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.