メディア
ニュース
» 2024年02月07日 09時00分 公開

EV/ESS向けの双方向充電可能なSiCパワー統合モジュールオンセミ EliteSiC PIM

オンセミは、EV向けDC高速充電器とESS向けの双方向充電機能を有する、9種の「EliteSiCパワー統合モジュール(PIM)」を発表した。従来のSi(シリコン) IGBT製品に比べてサイズを最大40%、重量を最大52%低減できる。

[EDN Japan]

 オンセミは2024年1月、EV(電気自動車)向けDC高速充電器とESS(エネルギー貯蔵システム)向けの双方向充電機能を有する、9種の「EliteSiCパワー統合モジュール(PIM)」を発表した。

「EliteSiC」パワー統合モジュール 「EliteSiC」パワー統合モジュール 出所:オンセミ

15分でバッテリーを最大80%充電

 高効率でシンプルな冷却機構を採用し、従来のSi(シリコン) IGBTベースのソリューションに比べてサイズを最大40%、重量を最大52%低減できる。EliteSiC PIMを採用することで、小型かつ軽量ながら、15分でEVのバッテリーを最大80%充電するシステムを開発できる。

 25k〜100kWの出力電力をサポートし、双方向充電を含む複数のDC急速充電とESSプラットフォームを迅速に展開できる。オンセミの「Gen3 M3S」SiC(炭化ケイ素) MOSFET技術を使用していて、低スイッチング損失と高効率を可能にした。

 パッケージは、F1およびF2を採用。熱界面材料(TIM)の事前塗布と圧力ピンをオプションで備えている。最適な熱管理が可能になるため、過熱によるシステム障害を回避できる。

 同社では、各モジュールに同じウエハーからのダイを使用している。他社のディスクリート製品を使用する必要がなく、性能にばらつきが生じることもない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.