メディア
ニュース
» 2021年10月20日 09時00分 公開

遠距離通信が可能な資材管理向けアクティブタグ凸版印刷 ZETag、ZETagDRIVE

凸版印刷は、遠距離通信が可能な資材管理向けアクティブタグ「ZETag」と、100万個以上のZETagの位置情報を管理できるクラウド型システムプラットフォーム「ZETagDRIVE」を発表した。物流における資材管理業務の効率化を支援する。

[EDN Japan]

 凸版印刷は2021年10月、遠距離通信が可能な資材管理向けアクティブタグ「ZETag(ゼタグ)」と、ZETagの位置情報を管理するクラウド型システムプラットフォーム「ZETagDRIVE(ゼタグ・ドライブ)」を発表した。

資材管理向けアクティブタグ「ZETag」のシステムイメージ

 ZETagは、LPWAの新興規格「ZETA」のプロトコルを用いており、500〜2000mの距離から基地局と通信できる(距離は通信環境や使用条件により変動する)。また、ZETagが搭載する新設計のアンテナは、スタッフ株式会社と共同開発したもので、金属製の資材に取り付けた場合も電波の減衰を防ぐ。

620mAhの電池で3万回以上の通信が可能

 ZETAが通常双方向での通信を特徴とするのに対し、ZETagはタグから基地局への単方向通信に固定したほか、送信電波強度を10mWに設定した。これらにより消費電力を抑えており、620mAhの電池使用時で3万回以上の通信が可能となっている。

 ZETagDRIVEは、基地局がZETagから検知した情報を記録、管理するクラウド型システムプラットフォーム。分散アーキテクチャを採用したZETagDRIVEは、100万個以上のZETagの同時アクセスに対応する。そのため、数万から数十万個の資材を同時に管理する物流現場での利用が可能だ。

 なお、ZETagにはZETagIDを取得する標準版に加えて、RFIDや温度も取得するRFID搭載版がある(薄型版、GPS搭載版は開発検証中)。サイズは標準版が63×35×9mm、RFID搭載版が86×54×7mmとなっている。いずれも防塵防水レベルIP55で、専用ケースを使用することでIP68となる。

 同社は2021年10月から、ZETagおよびZETagDRIVEに通信基地局を組み合わせた実証実験キットの提供を開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.