メディア
ニュース
» 2022年05月12日 09時00分 公開

5Gダイポールアンテナ向けコンパウンド材料SABIC LNP THERMOCOMP OFC08Vコンパウンド

SABICは、5G基地局のダイポールアンテナに適した樹脂ベースの新材料「LNP THERMOCOMP OFC08Vコンパウンド」を発表した。レーザーを使った金属めっき加工に対応し、軽量でコスト効率の良いアンテナ開発に貢献する。

[EDN Japan]

 SABIC(サビック)は2022年4月、5G(第5世代移動通信)基地局のダイポールアンテナに適した樹脂ベースの新材料「LNP THERMOCOMP OFC08Vコンパウンド」を発表した。アンテナの軽量化や、PCB製造工程、金属めっき工程の簡素化が可能になり、システムコストの削減に貢献する。

5Gダイポールアンテナ向け新材料「LNP THERMOCOMP OFC08Vコンパウンド」 出所:SABIC

LDSに対応し、めっき工程を簡素化

 LNP THERMOCOMP OFC08V コンパウンドは、PPS(ポリフェニレンサルファイド)樹脂をベースとした、ガラス繊維強化材料だ。LDS(レーザーダイレクトストラクチャリング)による立体形成加工と化学めっきに対応し、従来の複雑なプラスチックの部分電気めっきと比べて、シンプルで生産性が高い。

 めっき加工のしやすさと、めっき線幅の均一性を両立するのに加え、プラスチック層と金属層間の密着性が高く、熱老化や鉛フリーリフローはんだ付け後に剥離する心配がない。従来のガラス繊維強化PPSよりも反りが少なく寸法安定性に優れるため、ダイポールアンテナの射出成形と正確な組み立てを可能にする。

 「UL-94 V0」等級の難燃性を有し(0.8mm厚)、耐熱性も高い。また、誘電率が4.0、誘電正接が0.0045と低く、この安定した誘電性能と優れたRF性能により、アンテナの伝送性能の最適化と製品の長寿命化が図れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.