メディア
ニュース
» 2022年06月15日 09時00分 公開

ロジックやメモリを増大した制御用FPGAラティスセミコンダクター Lattice MachXO5-NX FPGA

ラティスセミコンダクターは、制御用FPGA「Lattice MachXO5-NX FPGA」を発表した。25kのロジックセル容量を有するFPGAファブリックおよび、1.9Mビットの組み込みメモリを備えている。

[EDN Japan]

 ラティスセミコンダクターは2022年5月、制御用FPGA「Lattice MachXO5-NX FPGA」を発表した。同社のFPGAプラットフォーム「Lattice Nexus」をベースとした第5弾製品で、既にサンプル出荷を開始。設計ソフトウェアのLattice Radiant 3.1.1に対応している。

制御用FPGA「Lattice MachXO5-NX FPGA」 出所:ラティスセミコンダクター

 同製品は、25kのロジックセル容量を有するFPGAファブリックに加え、1.9Mビットの組み込みメモリを備えた。外部メモリの必要性を低減したことで、実装面積を削減できる。

インスタントオン操作やインフィールドアップデートに対応

 最大9.2Mビットのユーザー専用フラッシュメモリを内蔵し、インスタントオン操作やインフィールドアップデートが可能となった。単一のチップで複数のコンフィギュレーションイメージに対応できる。

 また、DSPブロックとADCブロックを追加したことで、計算能力や制御能力が向上した。セキュリティ面では、オンチップマルチブート機能やビットストリーム暗号化(AES256)、認証(ECC256)を備える。

 さらに、アーリーIOコンフィギュレーション対応の汎用IOを最大で300備えており、そのうち8割が3.3Vシグナリングに対応している。1.25Gビット/秒のSGMII(シリアルギガビット媒体独立インタフェース)、ホットソケット、デフォルトプルダウン、プログラマブルスルーレートといった機能も備えており、シンプルな基板設計が可能となった。

 サーバや通信、産業機器、車載機器などでのシステムモニタリングや制御といった用途に適する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.