メディア
ニュース
» 2022年08月03日 09時00分 公開

デジタル2相出力の光学式反射型エンコーダー日清紡マイクロデバイス NJL5821R、NJL5822R

日清紡マイクロデバイスは、デジタル2相出力タイプの光学式反射型エンコーダー「NJL5821R」「NJL5822R」の量産を開始した。産業機器やカメラなどの操作ダイヤルやモーターの回転検出、位置検出に適する。

[EDN Japan]

 日清紡マイクロデバイスは2022年7月、デジタル2相出力タイプの光学式反射型エンコーダー「NJL5821R」「NJL5822R」の量産を開始した。産業機器、カメラなどの操作ダイヤルや映像用ズームモーターの回転検出、位置検出に適する。月産規模は10万個で、100個購入時の参考価格(税込)はNJL5821Rが495円、NJL5822Rが550円となる。

デジタル2相出力タイプの光学式反射型エンコーダー「NJL5821R」「NJL5822R」 出所:日清紡マイクロデバイス

 新製品は、反射板と組み合わせてデジタル2相信号を得る、インクリメンタル出力方式のエンコーダーだ。新開発の受光ICと高出力の赤外LEDを組み合わせることで低消費電流とし、バッテリー機器でも動作する。反射板には、反射率が>70%のストライプミラーを推奨している。

反射ミラーとの距離変動に強く、機器への組み込みが簡単

 また、受光素子の受光レベルを独自処理することで、センサーと反射板間の距離変動に強い設計とした。従来と異なり、センサーの取り付け精度や外部環境の変化に強いロバスト性に優れ、機器への組み込みを簡略化できる。センサーと反射板間の距離が変わった場合でも、デューティや位相差の変動が少ない。

 動作温度範囲は−30〜+105℃で、高温環境下で動作するモーターにも直接組み込める。分解能は、NJL5821Rが150LPI(ライン/インチ)、NJL5822Rが180LPI。電源電圧は2.7〜5.5V、2.6×2.5×0.8mmのCOBパッケージで提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.