メディア
ニュース
» 2023年08月22日 09時00分 公開

マスタースレーブ並列接続対応のDC電子負荷装置テクシオ・テクノロジー LSC

テクシオ・テクノロジーは、DC電子負荷装置「LSC」シリーズの受注を開始した。最大8台のマスタースレーブ並列接続が可能で、6kWモデルを8台接続した場合では、48kWまでの放電試験に対応する。

[EDN Japan]

 テクシオ・テクノロジーは2023年8月、DC電子負荷装置「LSC」シリーズの受注を開始した。4、5、6kWの電力範囲と150、600、1200Vの定格電圧をそろえ、計9種を提供する。価格はオープンで、受注生産となっている。

DC電子負荷装置「LSC」シリーズ DC電子負荷装置「LSC」シリーズ 出所:テクシオ・テクノロジー

最大8台のマスタースレーブ並列接続が可能

 最大8台のマスタースレーブ並列接続が可能で、6kWモデルを8台接続した場合では、48kWまでの放電試験に対応する。サイズは177×440×745mm、質量は28kgまたは29kgと小型かつ軽量で、同社従来品に比べて6kWモデルは体積が40%縮小している。

 ターボモードを備え、一部のテストでは最大2秒間、定格電力と電流を1.5倍に高めた放電が可能だ。さまざまなテストモードを搭載していて、突入電流負荷による電源機器の評価や、ブレーカー、ヒューズ、PTCサーミスターといった保護用素子の評価にも使用できる。

 CC、CR、CV、CP、CV+CL、CV+PL、Dynamic、短絡動作モードを搭載。BattテストとCV+C/P limitモードでバッテリー評価ができる。ユーザーオプションとして、USB、LAN、RS-232C、GP-IBのインタフェースに対応。バッテリー放電モードも内蔵していて、バッテリーや充電ステーションなどの仕様テスト、検証に使用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.