メディア
ニュース
» 2023年11月08日 09時00分 公開

産業用/車載用センサー向け、36VデュアルオペアンプSTマイクロ TSB182

STマイクロエレクトロニクスは、デュアルオペアンプ「TSB182」を発表した。動作電圧範囲4〜36Vの中電圧用途向けで、入力オフセット電圧は20μV以下、入力オフセット電圧ドリフトは100nV/℃以下となる。

[EDN Japan]

 STマイクロエレクトロニクスは2023年10月、デュアルオペアンプ「TSB182」を発表した。既に量産中で、1000個購入時の単価は約0.96米ドル(約140円)。車載電子部品規格「AEC-Q100」に準拠した製品も提供していて、単価は約1.15米ドル(約170円)となっている。

デュアルオペアンプ「TSB182」 デュアルオペアンプ「TSB182」 出所:STマイクロエレクトロニクス

 動作電圧範囲4〜36Vの中電圧用途向けで、−40〜+125℃の温度範囲で動作する。入力オフセット電圧は20μV以下、入力オフセット電圧ドリフトは100nV/℃以下、オフセット電圧は全温度範囲で30μV以下に抑えた。動作電流は、アンプ1チャンネル当たり650μA(Typ.)となる。

EMI耐性が向上

 ゲイン帯域幅積は3MHz、スルーレートは2V/マイクロ秒で、全周波数帯域で出力の歪みを最小限に抑える。入力換算ノイズ電圧は24nV/√Hz。EMI(電磁干渉)耐性が向上し、電気ノイズが多い環境でも使用できる。

 レールツーレール出力を備え、信号のダイナミックレンジを有効に活用できる。また、バッテリー駆動デバイスやセンサーインタフェースなどの回路設計の簡略化にも寄与する。

 パッケージはMiniSO-8を採用した。オプションで、SO-8パッケージ品も同年内に提供予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.