メディア
ニュース
» 2024年01月17日 09時00分 公開

逆回復時間は15ナノ秒、トレンチMOS構造採用の100V耐圧SBDローム YQシリーズ

ロームは、100V耐圧のSBD「YQ」シリーズの量産を開始した。独自のトレンチMOS構造を採用し、順方向電圧と逆方向電流を同時に低減していて、逆回復時間は15ナノ秒を達成している。

[EDN Japan]

 ロームは2023年12月、100V耐圧のSBD(ショットキーバリアダイオード)「YQ」シリーズの量産を開始した。サンプル価格は1個300円(税別)。車載用LEDヘッドランプやEV(電気自動車)向けDC-DCコンバーター、産業機器電源、照明などに適する。

100V耐圧SBD「YQ」シリーズ 100V耐圧SBD「YQ」シリーズ[クリックで拡大] 出所:ローム

独自のトレンチMOS構造でtrr15ナノ秒を達成

 独自のトレンチMOS構造を採用し、順方向電圧(VF)と逆方向電流(IR)を同時に低減した。これにより、逆回復時間(trr)は15ナノ秒を達成。トレンチMOS構造を用いた他の一般品に比べ、trr単体の損失は約37%、スイッチング損失全体は約26%低減した。

ロームのトレンチMOS構造 ロームのトレンチMOS構造[クリックで拡大] 出所:ローム
スイッチング損失比較 スイッチング損失比較[クリックで拡大] 出所:ローム

 順方向印加時に損失となるVFと逆方向印加時に損失となるIRが改善したことで、電力損失や熱暴走のリスクを低減できる。

 パッケージは、1.3×2.5mmのPMDE、1.6×3.5mmのSOD-123FL、2.5×4.7mmのSOD-128、4.6×6.5mmのTO-277A、6.6×10mmのTO-252AA、10.1×15.1mmのTO-263ABで提供する。パワートレインなどに対応したグレードも準備中で、2024年9月より量産を開始する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.