メディア
ニュース
» 2024年01月19日 09時00分 公開

拡張コード保護機能を搭載したマイコンマイクロチップ PIC18-Q24

マイクロチップ・テクノロジーはファームウェアへの不正な読み出しや消去、変更を防ぐ機能を搭載したマイクロコントローラーファミリー「PIC18-Q24」を発表した。PDID機能を採用していて、プログラムおよびデバッグインタフェースへのアクセスを遮断できる。

[EDN Japan]

 マイクロチップ・テクノロジーは2023年11月、ファームウェアへの不正な読み出しや消去、変更を防ぐ機能を搭載したマイクロコントローラーファミリー「PIC18-Q24」を発表した。

マイクロコントローラーファミリー「PIC18-Q24」 マイクロコントローラーファミリー「PIC18-Q24」 出所:マイクロチップ・テクノロジー

 同ファミリーは、悪意を持って組み込みシステムに搭載されたデバイスを再プログラムしようとする脅威に対抗するため、拡張コード保護機能としてPDID(プログラムおよびデバッグインタフェース無効化)機能を採用している。同機能を用いることで、プログラムとデバッグインタフェースへのアクセスを遮断し、ファームウェアへの不正な読み出しや消去、変更を防ぐことができる。

MVIOを搭載

 MVIO(マルチ電圧I/O)を備えていて、動作電圧が異なるデジタル入出力に外部のレベルシフター無しで接続できる。より大きなプロセッサの監視やテレメトリーを担うシステム管理用途に適する。

 開発においては、同社の「MPLAB Code Configurator」(MCC)と連携可能。また、評価キット「PIC18F56Q24」も提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.