メディア
ニュース
» 2022年01月13日 09時00分 公開

小型で高耐久のタイヤ用RFIDモジュール村田製作所 タイヤ内蔵用RFIDモジュール

村田製作所は、ミシュランと共同で、タイヤ内蔵用RFIDモジュールを開発した。走行時の衝撃や埋め込み時の負荷にも耐えられる仕様となっており、タイヤのライフサイクルに匹敵する耐久性を備えた。

[EDN Japan]

 村田製作所は2021年12月、ミシュランと共同で、タイヤ内蔵用RFIDモジュールを開発したと発表した。商用車タイヤへの内蔵を進めており、2024年頃をめどに乗用車向けにも拡大する計画だ。

タイヤ内蔵用RFIDモジュール

独自のアンテナ設計技術を採用

 サイズは1×1×6mmと小型で、大きなスペースを取らずにタイヤに埋め込める。走行時の衝撃や埋め込み時の負荷にも耐えられる仕様となっており、タイヤのライフサイクルに匹敵する耐久性を備えた。また、独自のアンテナ設計技術を採用し、タイヤに内蔵した際も安定した通信性能を有する。

 タイヤ市場においては、安全性の保証やライフサイクルの管理、製造時の物流効率化などが課題となっていた。今回開発したRFIDモジュールは、タイヤメーカーの工場や倉庫内に加えて、物流やアフターマーケットでのメンテナンス、品質トレーサビリティーでの活用が期待される。

 同製品は、既に400万個以上のミシュラン製商用タイヤに搭載されている。同製品を活用したRFIDシステムを業界標準とすべく、今後はプロモーション活動にも取り組む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.