メディア
ニュース
» 2022年03月11日 16時50分 公開

1000Base-T1 PXI/PXIe障害挿入スイッチングモジュールピカリング 40-203、42-203、40-204、42-204

ピカリング インターフェースは、単一スロットの1000Base-T1 PXIおよびPXIe障害挿入スイッチングモジュール「40-203」「42-203」「40-204」「42-204」を発表した。差動帯域幅は1.6GHzおよび700MHzで、200V、0.8Aへのスイッチングが可能だ。

[EDN Japan]

 ピカリング インターフェースは2022年2月、単一スロットの1000Base-T1 PXIおよびPXIe障害挿入スイッチングモジュール「40-203」「42-203」「40-204」「42-204」を発表した。

障害挿入モジュール「40-203」「42-203」「40-204」「42-204」 出所:ピカリング インターフェース

 40-203、42-203は差動帯域幅(代表値)1.6GHzで、40-204、42-204は700MHz。200V、0.8Aへのスイッチングが可能となっている。40-203、40-204はPXI制御インタフェースを、42-203、42-204はPXIe制御インタフェースをそれぞれ搭載。いずれも2線接続となっている。

最大6チャネルまたは2チャネルで障害挿入

 40-203、42-203では小型テストアプリケーション向けに3チャンネルで対応し、テスト要件が増加した場合は6チャンネルで対応する。高周波数アプリケーション用に設計したリードリレーを搭載した。

 40-204、42-204では小型テストアプリケーション向けに1チャンネルで対応し、テスト要件が増加した場合は2チャンネルで対応する。EMR(電気機械式)信号リレーをベースとした。テスト装置から外部要素に、または外部要素からテスト装置に差動ペアをルーティングできる。

 両モデルともMMCXコネクターインタフェ−スを使用し、100Ωの制御伝送ラインインピーダンスシグナルパスを提供。標準3年保証の対象となっている。 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.