メディア
ニュース
» 2022年03月18日 09時00分 公開

広帯域、高入力インピーダンスのバッファーアンプ日本TI BUF802

日本テキサス・インスツルメンツは、広帯域かつ高入力インピーダンスのバッファーアンプ「BUF802」を発表した。オシロスコープ、アクティブプローブ、高周波データ収集システムなどの試験および測定用途に適する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2022年2月、広帯域かつ高入力インピーダンス(Hi-Z)のバッファーアンプ「BUF802」を発表した。3.1GHzまでの周波数帯域に対応し、オシロスコープ、アクティブプローブ、高周波データ収集システムといった試験および測定用途に適する。

広帯域、高入力インピーダンスのバッファーアンプ「BUF802」 出所:日本テキサス・インスツルメンツ

DC〜3.1GHzまでの周波数帯域に対応

 DC〜3.1GHzまでの周波数帯域に対応し、システム設計を複雑にしてきたASICの代替となる。また、帯域幅はFET入力型アンプの10倍に相当し、FET、保護ダイオード、トランジスタなどの機能を統合している。ASICベースまたはFET入力型アンプベースの性能をシングルチップで提供できるため、BOMコストの削減にも貢献する。

 調整可能な静止電流ピンを備え、帯域幅とひずみの調整により、静止電流を抑える。100MHz〜3GHzの出力は1Vpp、2GHzでは2Vppだ。

 JFET入力段を備え、電源電圧は±4.5〜6.5V、スルーレートは7000V/μ秒、入力電圧ノイズは2.3nV/√Hzとする。オーバードライブ電圧から保護するための入力、出力クランプも内蔵する。スタンドアロンで利用できるほか、高精度アンプを備えた複合ループでも利用できる。

 3×3mmの16ピンVQFNパッケージで提供し、1000個購入時の単価は1.80米ドルから。評価モジュール「BUF802RGTEVM」も、25米ドルで入手可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.