メディア
ニュース
» 2022年03月30日 09時00分 公開

既存ボタンをタッチレス化する光学式センサー日清紡マイクロデバイス NJL5830R

日清紡マイクロデバイスは、ボタンをタッチレス化する、光学式反射型センサー「NJL5830R」を発表した。既存の押しボタンに搭載可能で、券売機や自動販売機、エレベーターなど、公共性の高い装置の操作ボタンに適する。

[EDN Japan]

 日清紡マイクロデバイスは2022年3月、ボタンをタッチレス化する、光学式反射型センサー「NJL5830R」を発表した。「Optton」シリーズとして商品化し、月産10万個体制で、同年4月から生産を開始する。サンプルの参考価格は、100個購入時で660円(税込)だ。

光学式タッチレスセンサー「NJL5830R」 出所:日清紡マイクロデバイス

 高出力の赤外LEDと受光ICを組み込んだ反射型センサーで、ボタンスイッチへの組み込みを想定した3.6×5.8×1.2mmのCOBパッケージで提供する。電源電圧は4.5〜12.0Vで、デジタル出力を生成する。検出距離は0〜50mmをターゲットとし、用途に合わせて調整できる。

隣接するボタン同士の干渉と誤動作を防止

 センサー同士のパルス周期をずらすことで、ボタンが隣接する装置でも、干渉や誤動作を防止する。また、光変調方式を採用しており、外乱光にも強く、屋外でも利用できる。

 既存の押しボタンに搭載可能(光の透過窓は必要)で、券売機や自動販売機、エレベーターなど、公共性の高い装置の操作ボタンをタッチレス化できる。手袋を着用したままでも操作でき、飲食機器や医療機器にも対応。屋内外の感染症対策や衛生面の向上に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.