メディア
ニュース
» 2022年05月23日 09時00分 公開

車載向け巻線フェライト系パワーインダクター太陽誘電 LCXHシリーズ

太陽誘電は、車載向け巻線フェライト系パワーインダクター「LCXH」シリーズを商品化した。構造設計や材料技術などを改善しており、実装時の平たん性を向上し、製造工程でのAOIに対応した電極構造を用いている。

[EDN Japan]

 太陽誘電は2022年4月、車載向け巻線フェライト系パワーインダクター「LCXH」シリーズを商品化したと発表した。フィリピンの製造子会社で量産を開始しており、サンプル価格は1個あたり50〜100円。

パワーインダクター「LCXH」シリーズ 出所:太陽誘電

 同シリーズは、自動車のボディーやインフォテインメントなどに用いる電源回路向けのチョークコイルやノイズフィルター用途に適する。車載向け電子部品の信頼性規格AEC-Q200に準拠し、全64種を用意する。

実装時の平たん性を向上

 民生や車載向けの「LCXP」「LCXN」シリーズと同様のスリーブレス構造を採用。一方で、構造設計や材料技術などを改善しており、実装時の平たん性を向上し、製造工程でのAOI(自動光学検査)に対応した電極構造を用いた。

 サイズは3×3〜6×6mmで、最大高さは1.5〜4.5mmまで6パターンをそろえた。インダクタンス値は0.47〜470μHで、−40〜+125℃の温度範囲で使用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.