メディア
連載
» 2022年05月30日 14時35分 公開

【徹底解説】バスマトリクスとはハイレベルマイコン講座【バスマトリクス編】(4/4 ページ)

[STマイクロエレクトロニクス,EDN Japan]
前のページへ 1|2|3|4       

複数のバスマトリクス

 バスを1つのバスマトリクスにまとめるのではなく、複数のバスマトリクスを設けてデータ転送の向上を図る場合もある。図6は、STの「STM32H7シリーズ」のバスマトリクである。「64ビットAXIバスマトリクスD1ドメイン」「32ビットAHBバスマトリクスD2ドメイン」および「32ビットAHBバスマトリクスD3ドメイン」の3つで構成される。それぞれのバスマトリクスは独立して動作するが、各バスマトリクス間におけるデータのやりとりも可能だ。これをSTでは、バス間のブリッジと呼んでいる。

図6:複数のバスマトリクス[クリックで拡大]
STM32H7シリーズリファレンス マニュアルRM0433 図1から抜粋

 Arm Cortex-M7がAXIとAHBのバスマスターの機能を持っているため、それぞれのバスマスターの機能で2つのバスマトリクスを独立して構成し、さらに補助的な32ビットのバスマトリクスを付加して、総合的にデータ転送効率の向上を図った方式だ。

 バスマトリクスは、データの転送効率を最適化すれば、どのような構成にしてもかまわず、さらに主従関係を持たせても構わない。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.