メディア
ニュース
» 2022年10月18日 09時00分 公開

三相交流入力の整流回路用ダイオードモジュール新電元工業 MG038シリーズ

新電元工業は、三相交流入力の整流回路向けダイオードモジュール「MG038」シリーズに、1600V耐圧の「MG038C」「MG038D」を追加した。400V入力機器に対応し、産業用ロボットシステムなどのコンバーター回路に適する。

[EDN Japan]

 新電元工業は2022年10月、三相交流入力の整流回路向けダイオードモジュール「MG038」シリーズを拡充し、1600V耐圧の「MG038C」「MG038D」を発表した。中国や欧州などで使用する400V入力機器に対応し、産業用ロボットシステムの商用入力部や汎用インバーターのコンバーター回路に適する。

三相交流入力の整流回路向けダイオードモジュール「MG038」シリーズ 出所:新電元工業

1600V耐圧チップを採用

 MG038C、MG038Dは、独自開発の1600V耐圧チップを採用し、海外の交流400V入力へのニーズに対応する。IFSM(せん頭サージ順電流)は、MG038Cが2000A、MG038Dが1600Aで、高破壊耐量特性も備える。VF(順方向電圧)は1.05Vだ。

 機器の小型化に有利な、高さ17mmの低背パッケージを採用し、端子や取り付けピッチは既存製品との置き換えに配慮した設計となっている。また、セラミック基板によって、絶縁性と放熱性にも優れる。安全規格UL1557の認証を取得済みだ。

 同社はこれまで、800V耐圧ダイオードモジュールの開発と販売を手掛けてきた。今回、1600V耐圧品を加えたことで、成長を続ける産業用ロボット市場での活用を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.