メディア
ニュース
» 2024年01月31日 09時00分 公開

ディスプレイの寿命を延長するデュアル出力LCDバイアス電源ICネクスペリア NEX10000、NEX10001

ネクスペリアは、デュアル出力LCDバイアス電源IC「NEX10000」「NEX10001」を発表した。NEX10000が最大80mA、NEX10001が最大220mAの出力電流を供給できる。

[EDN Japan]

 ネクスペリアは2024年1月、デュアル出力LCDバイアス電源IC「NEX10000」「NEX10001」を発表した。スマートフォンやタブレットなど、長いバッテリー駆動時間を必要とするTFT-LCD(薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ)パネルに対応する。

LCDバイアス電源IC「NEX10000」「NEX10001」 LCDバイアス電源IC「NEX10000」「NEX10001」 出所:ネクスペリア

 NEX10000が最大80mA、NEX10001が最大220mAの出力電流を供給できる。ピーク効率は、それぞれ86%(複合出力40mA時)、85%(同80mA時)となる。ともにI2Cプログラマブル非対称電圧出力を搭載した。

負荷電流に応じてCCM、PFMで動作

 負荷電流に応じてCCM(連続導通モード)またはPFM(パルス周波数変調モード)のいずれかで動作できる、内部昇圧コンバーターを備えた。デバイスの消費電流を抑えることで、単セルのリチウムイオンやニッケルリチウム、リチウムポリマーのバッテリー駆動時間を延長する。

 入力電圧範囲はともに2.7〜5V。出力リップルの量を抑えることで画像が安定するため、LCDの動作寿命も延長できる。パッケージは、1.16×1.96×0.62mmのWLCSPを採用した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.