メディア
連載
» 2021年02月03日 11時00分 公開

マイコン製品における出荷テストとはハイレベルマイコン講座【出荷テスト編】(1)(4/4 ページ)

[STマイクロエレクトロニクス,EDN Japan]
前のページへ 1|2|3|4       

基本的なテストの種類(概要)

 出荷テストについて、「マイコンの正常動作を確認するテスト」と誤解しているユーザーが多い。しかしこれは間違いで、出荷テストは「マイコンの正常動作ではなく、故障の有無を調べるテスト」である。

 厳密には、「マイコン内部の仮定故障の有無を調べるテスト」になる。

 とはいえ、故障がなければマイコンは正常に動作するので、間接的に正常動作をテストしていることになる。

 今回は、基本的なテストの種類の概要を解説するにとどめ、各テストの具体的な方法と詳細については、次回解説する。

  1. 導通テスト
    • パッケージの端子と内部のマイコンが電気的に接続されているかどうかのチェック
  2. DCテスト
    • リーク電流、汎用I/Oの入力特性/出力特性などのDC特性のテスト
  3. ファンクションテスト
    • 論理動作のテスト
  4. ACテスト
    • 通信機能、発振回路などのAC特性のテスト
  5. 電源関連のテスト
    • 消費電流や電源の安定性などの電源の特性に関するテスト
  6. 内蔵メモリのテスト
    • 内蔵のフラッシュメモリ、RAM、EEPROMの機能テスト
  7. アナログ特性テスト
    • A-DコンバーターやD-Aコンバーターのテスト
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.