メディア
ニュース
» 2022年06月24日 09時00分 公開

消費電力50%減、エッジAI向けSoC日本TI Sitara AM62シリーズ

日本テキサス・インスツルメンツは、システムの消費電力を最大50%削減可能な、エッジAI向けプロセッサ「Sitara AM62」シリーズを発表した。AIによるさまざまな分析機能を備えた、次世代のHMIデバイスの開発に貢献する。

[EDN Japan]

 日本テキサス・インスツルメンツは2022年6月、システムの消費電力を最大50%削減可能な、エッジAI(人工知能)向けプロセッサ「Sitara AM62」シリーズを発表した。カメラベースの画像処理と、物体検出や物体認識などのエッジAI機能を組み合わせることで、さまざまな分析機能を備えたHMI(ヒューマンマシンインタフェース)デバイスを開発できる。

エッジAI向けプロセッサ「Sitara AM62」シリーズ 出所:日本テキサス・インスツルメンツ

AI機能を搭載した次世代のHMIの構築を可能に

 AM62シリーズは「Arm Cortex-A53」ベースのSoC(System on Chip)で、「AM625」「AM623」の2種類を用意。AM625はエッジ側AIとフルHDデュアルディスプレイを組み合わせ、次世代のHMIに適している。AM623は、物体検出機能とジェスチャ認識機能を搭載し、IoT(モノのインターネット)およびゲートウェイに適している。

 消費電力は競合品比で最大50%減と、電源構成を簡素化できる。使用する専用電源レールは2本で、電源モードは5種類備える。例えば、ディープスリープモードでは、消費電力を5mW未満に抑え、バッテリーの長時間動作が可能だ。また、コア電圧は0.75V、アクティブ電力は1.5W未満としている。

 一時停止時の消費電力は7mWと、熱設計要件も緩和できるため、さまざまな環境に導入可能だ。PMIC「TPS65219」と併用することで、最適な電力性能比を提供する。OSはLinux、Androidなどが利用可能で、インタフェースは有線、無線のいずれにも対応。各種ツールやリソースも提供し、コストや開発期間の削減に貢献する。

 AM62シリーズは、13×13mmの425ピンALWパッケージで提供する。1000個購入時の単価は5米ドル未満となる。「AM62評価モジュール」も149米ドルで供給中だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSフィード

公式SNS

EDN 海外ネットワーク

All material on this site Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
This site contains articles under license from AspenCore LLC.